姫路市の親と先生が手をつなぎ地域社会全体で子どもを守り育む手助けをしていきます。

  1. 委員会活動

植松努氏 教育講演会 「思うは招く」~夢があればなんでもできる~

僕には夢があります。
それは、人の可能性が「どうせ無理」という言葉で奪われない社会を作ることです。

テレビドラマ「下町ロケット」のモデルとなった植松努氏をご存じでしょうか。
宇宙開発に尽力されている北海道の植松電機社長です。
ロケットの実用化に向け挑戦し続けた植松社長に夢をあきらめないことの大切さについて、ご講演いただきます。

「どうせ無理」は夢や可能性を奪ってしまう言葉です。
「だったらこうしてみたら?」に変えてみませんか?

大人の方はもちろんの事、お子さんが聞いても分かりやすい無料の講演会となっておりますので、みなさんでご参加ください!

教 育 講 演 会「思 う は 招 く」
【日時】令和5年1月25日(水)
17:00 ~ 19:00 受付16:30
【場所】姫路市市民会館 大ホール
(〒670-0015 姫路市総社本町112)
【対象】姫路市内小・中学校の児童・生徒
および保護者・教職員の皆さま

お申し込みは下記URLの入力フォーム、またはFAXにてお願いします。
https://onl.bz/H8ri9Je
FAX→079-244-1248
インターネットFAXのため市外局番からダイヤルください。
教育講演会申込用紙
※ 定員になり次第、受付を終了させていただきます。

関連記事